海外旅行・到着後|海外旅行のアドベンチャーズ.com

海外旅行のアドベンチャーズ.com

海外旅行のアドベンチャーズ.com トップ > 到着後の入国手続きの流れ

到着後の入国手続きの流れ

飛行機から降りたら入国手続きが待っています。
入国手続きは以下の流れに沿って行われます。

1.到着

  • 「Arrival」という表示に従って進む。

※人の流れについていっていると入国ではなく、トランジット(一時寄航)やトランスファー(乗り換え)の場合があるので注意しましょう。

2検疫

※最近では入国時に検疫を実施している国はほとんどありません。もし検疫を実施していたとしてもイエローカードの提示だけでほぼパスできます。

3.入国審査

  • 入国審査は、「IMMIGRATION」と表示されています。
  • 係官に、パスポートと入国カードとビザ(必要な場合)を提示。

※たいていは事務的にポンとパスポートに印鑑を押して通過できますが、国によっては入国目的や滞在日数などを聞かれたり、帰りの航空券の提示を求められたりする場合もあります。

4.荷物の受け取り

  • 入国審査を通過したら、預けていた荷物を受け取る。
  • 「Baggage Claim」の表示に従って進み、自分が乗ってきた飛行機の便名が表示されているターンテーブルの前で待ちます。

※万が一、自分の荷物が破損していたり、紛失にあった場合は、「Lost & Found」と書いてあるカウンターへ申し出ましょう。

5.税関

  • 税関は「CUSTOMS」と表示されています。
  • 赤いランプの「Declare」(申告が必要)と緑のライト「Not Declare」(申告不要)のカウンターに分かれているので、該当のカウンターに機内で記入した税関申告書を提出します。

※荷物をチェックされることはめったにないですが、もし求められたときは素直に指示に従いましょう。

6.入国

  • 税関を通過すれば、入国手続きはすべて完了です。

パックツアーの場合は添乗員や現地係員の指示に従いましょう。
個人旅行の場合はタクシー、バス、電車などあらかじめ調べておいた方法で目的地へ向かいます。
現地通貨を持っていない場合は、空港の銀行で両替しておきましょう。 両替の際には、バスやタクシーのチップ代などのことも考えて、少額紙幣やコインなども混ぜてもらうと良いでしょう。