海外旅行・出国手続|海外旅行のアドベンチャーズ.com

海外旅行のアドベンチャーズ.com

海外旅行のアドベンチャーズ.com トップ > 海外旅行保険

出国手続きの流れ

飛行機に搭乗する前に出国手続が必要です。
出国手続きは以下の流れで行われます。

1.搭乗手続き(チェックイン)

  • 利用する航空会社の専用のカウンターで係員にパスポートと航空券を提示。
  • 座席番号や搭乗ゲート番号が書かれた搭乗券(ボーディングパス)を受け取る。
  • 荷物を預ける場合はここで預け、荷物引受証(クレームタグ)を受け取る。

※ツアーの場合は、添乗員が済ませてくれるので、集合場所に行き、添乗員の指示に従いましょう。

2.税関

  • 搭乗手続き(チェックイン)後、税関を通過する。
  • 高価な外国製品などを持ち出す場合に手続が必要。
  • 該当する場合「携帯出国証明申請書」に必要事項を書きスタンプをもらって帰国時まで保管しておく。

※帰国したときに外国で購入した製品だとみなされて、課税されないようにあらかじめ申告しておくための手続きです。

3.出国審査

  • 入国管理法に基づいて国が出国者をチェックする手続き。
  • パスポートと搭乗券と出入国カードを提出。出入国カードはカウンターのそばにおいてあるので、審査を受ける前に記入しておく。

※ツアーの場合はあらかじめ配布されるので、前もって記入しておきましょう。

4.手荷物検査

  • テロやハイジャックなどの犯罪防止のための手荷物検査とボディチェックを受ける。(手荷物のエックス線検査、金属探知機のゲート)

※反応しそうなものはあらかじめおいてあるかごに入れておきましょう。

5.搭乗

手荷物検査が終われば出国の手続きはすべて完了です。
搭乗ゲートの場所を確認して、搭乗開始のアナウンスを待ちましょう。

出国審査を受けたあとは免税店で買い物もできます。お酒やタバコ、買い忘れた旅行用品などを購入できますが、報告先の国の免税枠を超える買い物をしてしまうと入国の時に課税されるので注意しましょう。

到着前に機内でしておくこと
現地到着が間近になると機内では、入国カードと税関申告書が配られます。 入国カードには、名前、性別、パスポートナンバー、生年月日、便名などの項目があるので英語もしくはローマ字で記入します。 税関申告書では、税金のかかる荷物などを持ち込んでいるかどうかを申告します。 国によって項目が異なるので、事前にガイドブック等を見て確認しておくと良いでしょう。
入国手続きに必要な書類(パスポート・入国カード・税関申告書・荷物引受証など)をもう一度確認し、すぐに取り出せるようにしておきましょう。