海外個人旅行|海外旅行のアドベンチャーズ.com

海外旅行のアドベンチャーズ.com

海外旅行のアドベンチャーズ.com トップ > 個人旅行

個人旅行

パッケージツアーを利用しない個人旅行の場合、航空券とホテルを各自で手配しなければなりません。
また渡航情報を調べ、必要な場合にはビザ(査証)等の手続をしなければなりません。ここでは海外航空券の購入方法と、ホテルの予約方法をご紹介します。

航空券予約

格安航空券と正規割引航空券

通常利用する航空券は格安航空券か正規割引航空券(PEXチケット)がほとんどといってよいでしょう。何十万円もする普通航空券(ノーマルチケット)を利用する人は少ないと思われますのでここでは触れません。

正規割引航空券(PEXチケット)

各航空会社から正規割引料金で販売されている航空券のことです。日本航空のJAL悟空や全日空のエコ割などがこれにあたり、各航空会社のウェブサイトで購入することができます。旅行会社でも扱っていますが、手配料がプラスされる上に最新の空席情報が分かりづらい場合もあるため、航空会社のオフィシャルサイトで購入する方がよいでしょう。
正規料金よりもかなり割引されているためお得ですが、予約変更はできない場合が多く、キャンセルする場合も高額の払い戻し手数料が必要です。

格安航空券

旅行会社の店頭やウェブサイトで「○○往復32,000円~」などと表示されている激安の航空券で、こちらは旅行会社(ウェブサイトも含む)のみで販売されています。安い分、予約変更も払い戻しもできないのが普通です。実際に購入する際にはキャンセルの場合の手数料や払い戻しの規定をよく確認しましょう。 また航空会社にもよりますが、基本的に格安航空券ではマイルが付きません。

航空券を予約する場合、まずはYahoo!トラベルやトラベルコちゃんなどの総合サイトを利用し料金の相場を把握しておきましょう。これらのサイトでは複数の旅行会社で扱っている格安航空券の料金が一覧できるので便利です。 料金の面では正規割引航空券よりも格安航空券がお得です。ただし、格安航空券の場合、航空会社未定・出発時刻未定という商品が多いのも事実です。このようなプランでは、夜遅い便で出発して帰国は早朝便というように滞在時間が限られる場合もしばしばあります。航空会社指定や搭乗便指定など、希望が多くなればなるほど、どうしても料金は高くなります。
航空会社や出発時刻を優先したいということであれば、正規割引航空券の方が安い場合もあるので、各航空会社のサイトを必ずチェックしてみてください。オフィシャルサイトで購入すれば、一緒に座席予約ができる場合も多いので便利です。

また格安航空券の場合、同じ便でも旅行会社によって料金が違うのが大きな特徴です。だいたいの料金を把握したら、各旅行会社のウェブサイトをチェックしてみると良いでしょう。総合サイトには載っていないお得な航空券が見つかるかもしれません。

ホテル予約

ホテル予約専門サイトとホテルの公式ホームページ
航空券を予約したら、次はホテルの手配です。ホテルの予約は「ホテル予約サイト」と「ホテルの公式ホームページ」から可能です。ホテル予約サイトにはアップルワールドやオクトパス・トラベルなどのホテル予約専門のウェブサイトや、大手旅行会社のサイトなど様々あり、それぞれ膨大な数のホテルを扱っているので、複数のホテルを簡単に比較検討することができます。
気を付けるポイントとしては、料金が同じホテルの同じ日程、同じタイプの部屋であっても、サイトによってまちまちであることです。必ず、いくつものサイトを比較してみることが大切です。サイトによっては、キャンペーン価格を用意している場合もあり、手間を惜しまず探すことが秘訣です。また、どの予約サイトもホテルのクチコミ情報(レビュー)や地図、写真などを公開していますので、これらを参考にしてホテルを選ぶと良いでしょう。

主要な海外ホテル予約サイト一覧

各ホテルの公式ホームページからも予約が可能です。空室状況がリアルタイムで分かり、部屋タイプだけでなく、ベッドのタイプなども選べる場合があります。また、ウェブ予約割引や曜日によって宿泊料金が半額になったり、連泊すると割引があるなど、オフィシャルサイトならではのサービスが用意されている場合もあるので、泊まりたいホテルが決まっている場合には必ずチェックしましょう。
ただし、海外のホテルの場合、現地の言葉か英語での表記になりますので、不安がある場合はホテル予約サイトを利用したほうが良いかもしれません。

海外のホテルの料金はどのように申し込みをするかや、宿泊日などによって料金は何倍も違ってきます。旅行の日程を組む際に余裕があるようであれば、日程を決める前にホテルの空き状況や料金を確認しておいた方が良いかもしれません。
時期や曜日による料金の差ですが、いちがいに週末や夏季が高くなるというわけではなく、ビジネス客の多い大都市では平日のほうが高い場合もあります。イベントなどの混雑時にはどこのホテルも数倍単位で値上がりするなど様々なようです。
また、ホテルの料金の差は、キャンセルの場合の払い戻しができるかできないかということでも、違う場合があります。宿泊前日までキャンセル(払い戻し)ができる場合と、1週間前までなら無料でキャンセルできる場合、申し込み(カード決済)以降はいっさい払い戻しできない場合で料金が違ってきます。これは予約サイトでもホテルの公式ウェブサイトでもあり得ることなので、申し込みの際にはキャンセル規定をよく確認しましょう。

予約が完了すると、登録したメールアドレスに「予約確認書」が送られてきます。その後の手続きは各社によって異なりますが、通常は予約と同時に支払い(カード決済)が発生していますので、「予約・支払い確認書」を印刷してチェックイン時に提出するだけです。予約サイトのなかには、デポジットとしてカード番号の入力が必要ですが、支払い自体は現地で、というケースもありますので、申し込みする際には支払が先か後かよく確認しておかなければなりません。